Research
触力覚の他部位提示
高密度足裏圧覚提示デバイス [2015- ]
足裏に圧覚を提示するためのデバイづの開発を行った。足裏の触覚は、手には及ばないものの、比較的高い分解能を持っているとされる。また、足が体重を支えることから、比較的大きな作用力を知覚することができる。本研究ではこのような特性を持つ足裏に対して圧覚を提示するデバイスを設計・試作した。比較的大きな力を発生できるアクチュエータを高密度に配置する必要があることから、ここではエアシリンダを利用した。空気圧を電空レギュレータにより制御し、プラスチック管と金属軸から構成されるシリンダアレイに供給する。10mm間隔の最密充填配置で128点の力を独立に制御できるデバイスを試作した。
※この研究は総務省SCORPによる受託研究14120319(代表者:首都大 池井寧)の一部として実施されている。
高密度圧覚提示デバイス 圧覚提示の様子
defhand圧覚提示デバイス
  1. 岡野, 日岐, 広田, 野嶋, 北崎, 池井: 空気圧駆動型デバイスを用いた足裏への触覚提示による物体の位置認識; VR学会第21大会予稿集, 11A-05, 2016.9.
  2. 日岐, 岡野, 広田, 野嶋, 北崎, 池井: 足裏触覚提示による位置認識精度の評価; VR学研法, 21,VRUR-1, 23-26, 2016.6.
足裏触覚提示 [2015- ]
触力覚の対側提示では、左右の手の対称性を利用することで、提示領域の違いによる、刺激パターンの変換の問題を避けていた。しかしながら、もう少し一般的に対側の手ではない他の部位に触力覚を提示することを考えると、形状やトポロジーの異なる領域に空間的な変換をして提示することになる。本課題では、他部位として足を利用することを考える。足はトポロジーとしては手に近く、手と同様に一対あることから両手での操作にも適用することができると期待されている。
※この研究は総務省SCORPによる受託研究14120319(代表者:首都大 池井寧)の一部として実施されている。
圧覚提示デバイス 空気アクチュエータ
  1. 岡野 哲大, 広田 光一, 野嶋 琢也: 空気圧駆動型デバイスを用いた足裏への触覚提示; 日本VR学会研究報告, HDC16, No.11, 2015.11.
  2. Tetsuhiro Okano, Koichi Hirota, Takuya Nojima, Michiteru Kitazaki, Yasushi Ikei:Haptic Feedback for Foot Sole Using Pneumatic Pressure Device; Proc.ASIAGRAPH2016, 3-6, 2016.3.
触力覚の対側提示 [2014- ]
触力覚デバイスの実装の困難の原因の一つは、手のもつ複雑な形状と多くの自由度にある。これにより自由度の高いデバイスは装着が手の動きを妨げることになる。もし手を使う操作の際に生じる触力覚情報を別の部位に提示することができて、この触力覚情報と操作にともなう運動の感覚と統合して解釈することができれば、デバイスの実装を容易にすることができる。本研究ではそのための予備的な検討として、反対側の手に触力覚を提示した場合の操作性を評価している。
振動デバイス 圧覚デバイス